ajico オススメ曲

AJICOというバンドは、UAと浅井健一をはじめとする4人組ロックバンド。

各々個人や他バンドの活動があったこともあり、活動期間は2000年~2001年とあっという間でした。

R&Bではお馴染みのUAと、今ではソロ活動もこなすロッカーの浅井健一の融合が、なんとも言えない不思議な世界観を作り上げています。

今回は、一度聴けばその虜になるほどの楽曲たちを紐解いていこうと思います。

AJICOのオススメ曲ランキング

それでは独特な世界観へ誘う、AJICOのおすすめ楽曲をランキング形式でご紹介していきます。

AJICOのオススメ曲ランキング10位 メロディ

まずご紹介するのは、AJICOでは珍しい穏やかな曲調の『メロディ』です。

月夜の優しい光に照らされて、「君」と一緒に過ごせるこの瞬間に幸せを感じている、という歌です。

緩やかな曲調に少し憂いの感情が混ざったようなメロディーに、AJICOらしさを感じますね。静かな夜に聴きたい一曲です。

AJICOのオススメ曲ランキング9位 メリーゴーランド

浅井健一率いるバンド・BLANKEY JET CITYの「ハイヒール」を原曲としたこの『メリーゴーランド』。

ゆったりとしたテンポですが、浅井健一らしいオルタナティブロックさを感じる一曲になっています。

歌詞の独特な世界観にUAの歌声が絶妙にマッチしていて、まるで本の中のファンタジーの世界に迷い込んだ気持ちになります。

AJICOのオススメ曲ランキング8位 美しいこと

お次はAJICOの楽曲の中でもノリが良い曲の『美しいこと』。

歌詞やメロディーに引けを取らない浅井健一とUAのエモーショナルなハーモニー!まずこの歌声が美しいんですよね。

美しいものは、始めどんなに弱くて何を経てどんな傷を負おうとも、必ず美しくなれる、という歌詞をかっこいいロックテイストで表現しています。

AJICOのオススメ曲ランキング7位 金の泥

1枚目のシングルに収録された『金の泥』。

実はこの曲、放送禁止の歌詞だと言われ、インターネット上での紹介も殆どされていないので、知らない方も多いかもしれません。

大人が持つ闇の世界をまるごと表現した音楽という印象が強い楽曲。

AJICOらしい、どこか歪んでいるような不可思議な音楽に、ある種の強い信念を感じます。

AJICOのオススメ曲ランキング6位 毛布もいらない

この曲も、先程ご紹介したBLANKEY JET CITYの「黒い宇宙」が原曲になっています。

彼らの楽曲は、ゆったりな曲調の歌は曲自体が短い傾向がありますね。

「君」を幸せに出来るものを手に入れられるなら、大事な宝物や温かい毛布はいらない、という歌詞には、強い確固たる願いや信念が読み取れます。

自分の中の本当に大事な願いに気づかせてくれる一曲です。

AJICOのオススメ曲ランキング5位 青い鳥はいつも不満気

ベースのカッコよさが引き立っている『青い鳥はいつも不満気』!

ギターやベースの妖艶な音色が、AJICOの音楽性を更に味わい深いものにしています。

仄暗い部屋にタバコの煙がゆったり漂っているような、不思議でどこか心を惹きつける、そんな曲になっています。

AJICOのオススメ曲ランキング4位 深緑

AJICOのアルバムのタイトルも飾った『深緑』をご紹介します。

イントロ部分がとても長く、そこで一気にこの不思議な歌に引き込まれます。

ガラス越しの濁った視野で、世界に憂いながら様々な場所に訪れている様子を歌っています。

AJICOのオススメ曲ランキング3位 カゲロウソング

AJICOの特徴として、遠回しに何かを訴えているような歌詞が独特の言葉遣いが挙げられますが、この曲もその「何か」を探りたくなる、そんな歌です。

タイトルにもあるように、陽炎を眺めているような気持ちにさせます。

他の楽曲たちとは一味違う、聴き手を優しく暖かく包み込んでくれる一曲です。

AJICOのオススメ曲ランキング2位 波動

アップテンポにどこかアンティークな雰囲気のギターメロディーが魅力な『波動』。

広大な人間社会に生きる一人の人間の活動や影響を、海に例えた壮大な曲です。

社会や海といった大きい存在に、不安や一種の恐怖や愛という力を気付かせてくれます。

思わずノってしまう長めの後奏も注目して聴いてみて下さい。

AJICOのオススメ曲ランキング1位 すてきなあたしの夢

AJICO すてきなあたしの夢
元サイトで動画を視聴: YouTube.

最後にご紹介するのは、AJICOらしさが詰まった『すてきなあたしの夢』です。

誰しもが持つ不安感を煽るようなロックテイストのメロディーに、力強く歌うUAの歌声が交わって独特の空間を作り出しています。

自分の夢が今をどれだけ変えてくれるのか、そこで覚える不安に苛立って、怒りに似たどうしようもない感情をぶつけているという内容には、既視感を覚える方もいらっしゃるかもしれません。

聴き手に不安、怒り、憎しみ、苛立ちという激しい感情の渦に巻き込んでいきます。

まとめ

以上が不思議な世界に引き込まれる!?AJICOのオススメ10曲!でした。

いかがでしたか?

ご紹介した楽曲をもう一度おさらいしますと、

10位 メロディ

9位   メリーゴーランド

8位   美しいこと

7位   金の泥

6位   毛布もいらない

5位   青い鳥はいつも不満気

4位   深緑

3位   カゲロウソング

2位   波動

1位   すてきなあたしの夢

作曲はほぼ浅井健一が手掛けているので、オルタナティブロックがベースになっています。

UAと彼の、この社会に対する感情の数々から生み出される音楽は、どこか曖昧でぼやけていて夢のようで、それでいて怒りや悲しみ、ある種の批判を力強く投げかけるような不思議な世界観に仕上がっています。

聴き手を惑わすような麻薬のような独特なメロディーに、きっとあなたも酔いしれるはず!?是非一度聴いてみて下さいね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

注目!

世界初骨伝導完全ワイヤレスイヤホン『PEACE TW-1』骨伝導イヤホン

世界初の耳を塞がず骨で聴く骨伝導イヤホン!
一歩先を行く最先端のハイテクなイヤホンを探している方は是非チェックしてみて下さい。