ドライブ ロックバンド 名曲

悩み事があるとき、不安なことがあるとき、ちょっと大きめのボリュームで音楽を流しながらドライブして、ストレス発散したくなりませんか?

そんな時聴くのにぴったりなのが、バンドサウンド!

楽器同士を鳴らしあうハードなものから、そのマリアージュを楽しむゆるーいものまで、オススメを10曲ご紹介致します!

あなたの気分にあわせて、ドライブのお供に選んであげてくださいね!

是非最後までチェックしてみて下さい。

ドライブで聴きたいロックバンドの名曲TOP10!

ゆる〜い曲からロックまで、10曲全てプレイリストに入れたい!そんなドライブにぴったりのバンド曲TOP10をランキング形式でご紹介します。

ドライブで聴きたいロックバンドの名曲10位 恋の1,000,000$マン/すかんち

メイクを施した容姿や、派手な色使いの服装から、色物として見られてしまうことも少なくないバンドですが、ステージに立った時のメンバーそれぞれの輝きや、楽曲の面白さはまさに、スター性を感じます。

こちらの楽曲も、低音でリズムを効かせるベースや、音階を上がったり下がったりするキーボードのメロディが楽しく、聴いていてHAPPYな気分になります。

ドライブで聴きたいロックバンドの名曲9位 PUNKY BAD HIP/BLANKY JET CITY

日本のロックバンドの代表格と言っても過言ではないバンド。

ギター兼ボーカル、ベース、そしてドラムスの3ピースで奏でる演奏は、かなりパワフルで、人を惹きつける魔力のようなものを感じます。

それから何と言っても、ボーカル「ベンジー」のゆらゆらと揺れるロウソクの炎のような歌声は、唯一無二です!

ドライブで聴きたいロックバンドの名曲8位 雨上がりの夜空に RCサクセション

彼らが日本のロックを確立した、と言っても過言ではないビッグバンド。

こちらの楽曲には、ピアノとサックスも加わってリズミカルでショーチックですが、それでもバンドサウンドに仕上がっているのがすごいです。

ドライブで聴きたいロックバンドの名曲7位 If You Want To /Beabadoobee

YouTubeに初めて作った楽曲を投稿したところ、再生回数が伸び、あの有名な「Dirty Hit Records」に目をかけられ、2018年にEPデビューを果たした彼女。

いわゆる「ベッドルームポップ」にカテゴライズされることの多い音楽性ですが、こちらの楽曲の入りも、ベースが低音でリズムを刻んだり、ギターのサウンドが遠慮なく入ってきたり、ロックバンドの「音」が聴けます。

ドライブで聴きたいロックバンドの名曲6位 夜を駆ける/スピッツ

「チェリー」や「ロビンソン」が有名なスピッツですが、こちらの楽曲は、少し切なげな雰囲気がとても素敵です。

出だしはドラムのみで入り、そこにボーカルが重なり、しばらくしてギターがのってくる。

バンドの面白さを肌で感じられる楽曲だと思います!

ドライブで聴きたいロックバンドの名曲5位 BABY BABY/銀杏BOYZ

前身バンド「GOING STEADY」の頃からの楽曲ですが、銀杏BOYZになって、歌詞は変わらずとも、そのアレンジは進化しています。

エフェクターやシンセサイザーを用いて、楽曲全体を歪ませながらも、まっすぐに伝わってくる歌声が印象的です。

バンドとしてのアレンジをうまく効かせて、大事なところを引き出しているように感じます。

ドライブで聴きたいロックバンドの名曲4位 マイハートハードピンチ/相対性理論

フジテレビの番組「突然ですが占ってもいいですか?」のコーマーシャルソングとして起用され、懐かしー!とわくわくした方も多いのではないでしょうか?

柔らかく優しいけれど、近未来を思わせるような歌声が印象的ですよね。

バンドサウンドには程遠いと思われるような歌声を、紛れもなく「ロック」に仕上げているのは、ドラムスやギター、ベースの演奏の力でしょうか?

ドライブで聴きたいロックバンドの名曲3位 そばかす/JUDY AND MARY

アニメ「るろうに剣心」のテーマソングとして起用されたことで有名になった名曲ですね。

ギターの歪ませ方や、それぞれのリズムを故意にぶつかり合わせた感じが、新しいバンドサウンドを作り出している気がします。

破壊的に聴こえる「音」のぶつかり合いですが、これが見事にマッチしていて、これぞバンド!という楽曲です。

ドライブで聴きたいロックバンドの名曲2位 青空/THE BLUE HEARTS

日本のバンド、といえば「THE BLUE HEARTS」!ではないでしょうか?

歌詞の内容でも、かなり話題になった名曲ですが、音楽性にも注目する価値のある楽曲です。

それぞれのパートが、それぞれの持ち味を生かして、まっすぐに演奏している。

この「シンプルさ」が、逆に人を惹きつける魅力ではないかと思います。

ドライブで聴きたいロックバンドの名曲1位 オーケストラ /BiSH

BiSH / オーケストラ[OFFICIAL VIDEO]
元サイトで動画を視聴: YouTube.

「楽器を持たないパンクバンド」の異名を持つBiSH。

その名の通り、伴奏こそメンバー外のサポートですが、完璧にこなされる演奏と、さまざまな個性を持った彼女たちの歌声の一体感は抜群です。

出だしはアカペラではいり、しっとりしたバラードになっていくかと思いきや、しっかりとパンクバンドらしい音色を奏でていってくれます。

まとめ

以上がドライブで聴きたいロックバンドの名曲TOP10の紹介!でした!

まとめると

10位 恋の1,000,000$マン/すかんち

9位 PUNKY BAD HIP/BLANKY JET CITY

8位 雨上がりの夜空に/RCサクセション

7位 If You Want To/Beabadoobee

6位 夜を駆ける/スピッツ

5位 BABY BABY/銀杏BOYZ

4位 マイハートハードピンチ 相対性理論

3位 そばかす/JUDY AND MARY

2位 青空/THE BLUE HEARTS

1位 オーケストラ/BiSH

いかがでしたでしょうか?

なかには、知らなかった曲もあったかもしれませんが、この機会にぜひ、チェックしてみてくださいね!

楽器の音が大きいということだけが、バンドではないと思います。

それぞれの楽器の音をよく聴いて、それがどのように1つの音楽に影響を与え、また1つの音楽を作っているのか、感じてみるのも楽しいかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ドライブで流す曲はもう決まってますか?