ジーザス・アンド・メリーチェイン オススメ曲

ジーザス・アンド・メリーチェイン(The Jesus and Mary Chain)は1984年、ジムとウィリアムスのリード兄弟を中心に、スコットランドで決済されたロックバンドです。

日本ではジザメリの愛称で親しまれています。

80年代後半からのUKロックを語る上では欠かすことのできないインディー音楽レーベル、クリエイション・レコードに所属していました。

レーベルのドキュメンタリー映画のタイトルとして彼らの楽曲「アップサイド・ダウン(Upside Down)」が用いられるなど、クリエイションを象徴するバンドと言えます。

ジーザス・アンド・メリーチェインの初期の楽曲は、暴力的なまでに歪められたギターが特徴で、曲によってはもはや音の形をなしていないほどです。

彼らの作品による影響は、後のシューゲイザー・ムーブメントを始め、ニルヴァーナのようなグランジ、オルタティブ・ロック全般に見ることができます。

また、ノイズギターを封印したアコースティック調のアルバムを製作するなど、ソングライティングの幅も広く、懐の深さを感じさせます。

ここではジーザス・アンド・メリーチェインの楽曲の中から、個人的なオススメ10曲を紹介します。

是非最後までチェックしてみて下さい。

ジーザス・アンド・メリーチェインのオススメ曲ランキング

暴力性と甘美なメロディーを併せ持つジーザス・アンド・メリーチェインの楽曲から、オススメの10曲をランキング形式で発表します。

ジーザス・アンド・メリーチェインのオススメ曲ランキング10位 You Trip Me Up

ファーストアルバム『Psychocandy』収録。

リズムやコードは単調、メロディーは甘く儚げ、それでも攻撃的なのは全編を通して鳴り渡るギターノイズがあるからです。

フィードバック混じりのノイズは、初期ジザメリの代名詞となっています。

ジーザス・アンド・メリーチェインのオススメ曲ランキング9位 I Hate Rock’n’Roll

 ロックンロールに対するこだわりを感じる6枚目のアルバム、『Munki』収録曲。

このアルバムには「I Love Rock’nRoll」という曲も収録されており、こちらもオススメです。

この2曲始めアルバム全体でロックンロールを貫いており、改めてギターロックの格好良さを教えてくれる作品です。

ジーザス・アンド・メリーチェインのオススメ曲ランキング8位 Blues From A Gun

不明瞭なノイズギターは影を潜め、輪郭のはっきりした作風となったサードアルバム、『Automatic』からのシングル曲。

冒頭のリフをはじめ、格好良いギターフレーズが聴きたい人にオススメです。

ジーザス・アンド・メリーチェインのオススメ曲ランキング7位 April Skies 

ノイズ混じりのギターは健在ながらも、バンドとしてより洗練された楽曲を披露したセカンド・アルバム、『Darklands』の収録曲。

軽やかなボーカルメロディーが気持ちのいいポップソングで、セールス的にもヒットしました。

しかしタイトルの印象とは違い、「4月の空の下で」と歌う歌詞はとても自虐的。

ジーザス・アンド・メリーチェインのオススメ曲ランキング6位 Sometimes Always

全編アコースティック調に仕上げた5枚目のアルバム、『Stoned And Dethroned』の収録曲。

サーフ・ミュージックのようなカラッとしたサウンドと、軽快なメロディーが気持ちのいい楽曲です。

ゲストメンバーを迎えての男女ツインボーカルも印象的。

ジーザス・アンド・メリーチェインのオススメ曲ランキング5位 Head On

サード・アルバム収録のアップテンポなロック・ナンバー。

ひとつひとつの音は非常にシンプルで分かりやすくなっています。

それでも間違いなくジザメリの曲と分かるのは、捻りのきいた独特のメロディーがあるからでしょう。 

ジーザス・アンド・メリーチェインのオススメ曲ランキング4位 Never  Understand

ファーストアルバムに収録された、ジーザス・アンド・メリーチェインを象徴する楽曲のひとつ。

キャッチーなヴォーカルメロディーの曲でありながら、フィードバックノイズの入り混じった荒々しいギターサウンドによって、他のバンドにはない暴力性を感じさせます。

ジーザス・アンド・メリーチェインのオススメ曲ランキング3位 Happy When It Rains

セカンド・アルバムに収録のギターポップ・ナンバー。

サビの美しいメロディーも秀逸ですが、「雨が降っているとき僕は幸せなんだ」という底抜けにポジティブな歌詞が素敵です。

雨の日に是非聴きたい1曲。

ジーザス・アンド・メリーチェインのオススメ曲ランキング2位 Just Like Honey

ファースト・アルバムの冒頭を飾る、ジーザス・アンド・メリーチェインを代表する名曲。

彼らが高い評価を得ることができたのは、シンプルながらも美しいと思えるポップミュージックを創ることが出来きたからでしょう。

多くのミュージシャンにカバーされ、またソフィア・コッポラ監督作の映画『Lost in Translation』でも挿入歌として使用されています。

ジーザス・アンド・メリーチェインのオススメ曲ランキング1位 Upside Down

Jesus And Mary Chain Upside Down
元サイトで動画を視聴: YouTube.

オススメ第1位はこの曲、「Upside Down」です。

曲が始まった瞬間聞こえてくるのは、強烈なフィードバックと歪みを通り越してノイズとなったギター。

耳が痛くなってくるこれはもはや音楽と言っていいのか、と思わずにはいられません。

しかし、ぶっきらぼうに歌うボーカルが流れると、それは間違いなくパンクでありロックだと気付きます。

残念ながらオリジナルのアルバムには収録されておらず、B面曲を中心とした企画盤『Barbed Wire Kisses』に収録されています。

まとめ

以上が【必聴】ジーザス&メリーチェイン (The Jesus and Mary Chain)のオススメ曲TOP10!でした。

まとめると・・・

10位 You Trip Me Up

9位 I Hate Rock’n’Roll

8位 Blues From A Gun

7位 April Skies 

6位 Sometimes Always

5位 Head On

4位 Never  Understand

3位 Happy When It Rains

2位 Just Like Honey

1位 Upside Down

ジーザス・アンド・メリーチェインは1997年に一度解散しますが、現在は再結成を果たしており、精力的に活動しています。

初めてジザメリの音楽に触れる方は、音量に注意しないと耳を痛めてしまうのでご注意ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

注目!

世界初骨伝導完全ワイヤレスイヤホン『PEACE TW-1』骨伝導イヤホン

世界初の耳を塞がず骨で聴く骨伝導イヤホン!
一歩先を行く最先端のハイテクなイヤホンを探している方は是非チェックしてみて下さい。